2010年03月10日

阿久根市長、議場に姿=閉会間際で流会に−鹿児島(時事通信)

 鹿児島県阿久根市の竹原信一市長が、市議会本会議への出席を拒否している問題で、同市長は5日、午後4時の閉会間際に議場に姿を見せたが、議会運営委員会は「予定の7人全員が質問できない」として流会を決め、市議会は前日に続き空転した。
 傍聴席に「一部マスコミ」がいることなどを理由に4日から議会への出席を拒否していた竹原市長は、午後3時半すぎ、議場に現れると、市議に向かい「(一部マスコミの)カメラと議会どちらが重いか。メディアが重かったというおかしな話だ」と批判。また、流会が決まり引き揚げる議員に対し、「今からできますよ。会社員は5時、6時まで仕事をするのに」と声を掛けた。
 記者会見した浜之上大成議長は、「市長は議長の出席要求に応じる義務がある。きのうから再三要求している」と述べ、「きのう、きょうと議会が空転したのは市長の議会軽視だ」と声を荒らげた。 

核テロ脅威、明文化へ 安全保障サミット 対北・イラン圧力強化(産経新聞)
協議機関は目くらまし=「濁ったH2O」と民主批判−自民総裁(時事通信)
性犯罪の量刑見直しを 強盗強姦未遂被告に懲役7年(産経新聞)
<火災>早朝、福岡名所の博多川端商店街で10店舗焼く(毎日新聞)
船形山遭難 3日早朝に「みんな元気」 不明者から電話(毎日新聞)
posted by モウリ フミオ at 17:52| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「暴力団事件、負担大きい」=覚せい剤密輸で裁判員−東京地裁(時事通信)

 香港から覚せい剤を密輸入したとして、覚せい剤取締法違反などの罪に問われた元暴力団幹部新井良幸被告(43)の裁判員裁判の判決で、東京地裁(秋葉康弘裁判長)は4日、懲役12年、罰金600万円(求刑懲役16年、罰金800万円)を言い渡した。
 裁判員経験者らは会見で、暴力団関係者を裁くことについて6人中4人が「怖かった」と回答。暴力団事件を裁判員対象とすることについて、「精神的な負担が大きく、裁判員が裁くことには反対」(30代女性)、「自分の感覚で裁くのは難しく、適切かどうかは分からない」(別の30代女性)などの意見も出た。
 共犯とされた証人2人が宣誓を拒否して退廷を命じられたことについては、「びっくりした」(20代女性)、「暴力団(事件)ならではと思った」(50代女性)と話した。 

積極財政を数年継続=財政再建は「その後」に−菅財務相(時事通信)
今年を「うるう年」と誤認識…PS3障害(読売新聞)
「ツイッター大臣」批判の読売記事 フリージャーナリストらから反論続出(J-CASTニュース)
<普天間移設>米大使「現行案がベスト」 平野長官らと会談(毎日新聞)
今年のアカデミー賞を占う 「アバター」「ハート・ロッカー」事実上の一騎打ち(産経新聞)
posted by モウリ フミオ at 00:01| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。