2010年04月21日

<東大寺>5年がかりで描いたふすま絵を奉納 鎌倉の画家(毎日新聞)

 奈良市の東大寺で20日、日本画家の小泉淳作さん(85)=神奈川県鎌倉市=が約5年かけて描いた本坊のふすま絵を奉納した。奉納式は大仏殿であり、本尊の盧舎那仏坐像(るしゃなぶつざぞう)(大仏)の前で、桜を描いた色鮮やかな作品(縦197センチ、横384センチ)が披露された。

 同寺の故清水公照・元別当と親交があったことから、06年に聖武天皇と光明皇后の肖像画を奉納。その直後からふすま絵のなかった本坊への奉納作品に取り組み、鳳凰(ほうおう)やハスの花、吉野の桜など、寺や華厳経にゆかりのあるモチーフを40面に描いた。

 絵はふすまにされ、9月以降に全国の高島屋(東京、横浜、京都、大阪の各店)で巡回展示後、来春以降に寺に納められる。【花澤茂人】

【関連ニュース】
東大寺:東塔復興に向け近く発掘調査
東大寺:法華堂の須弥壇、創建以来初の本格修理へ
東大寺:春の夜焦がす「おたいまつ」 二月堂のお水取り
<ニュースがわかる>よみがえる奈良の都
<写真特集>日本の世界遺産

愛知3遺体遺棄 逮捕の3容疑者「被害者宅で殺害」と供述(毎日新聞)
<名誉棄損>報道発表被害 原告の訴え一部認める…松山地裁(毎日新聞)
虐待 老人施設職員が入所者の裸撮影など 宇都宮(毎日新聞)
<新幹線>八戸−新青森駅間で試験電車停止 電気系統故障か(毎日新聞)
問題多い民主党の公務員改革(産経新聞)
posted by モウリ フミオ at 01:38| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。