2010年04月22日

過激な性教育への歯止め削除 男女共同参画中間案、福島氏の意向色濃く(産経新聞)

 政府の男女共同参画会議の基本問題・計画専門調査会(会長・羽入佐和子お茶の水女子大学長)は15日、平成23年度から5年間の男女共同参画基本計画策定に向けて中間整理案を公表した。性差否定の温床となった「ジェンダーフリー」や過激な性教育への歯止めをかけた現行規定を削除したほか、公的機関などの一定比率を女性とするよう割り当てる「クオータ制」の検討を初めて明記するなど、福島瑞穂男女共同参画担当相の意向を踏まえた急進的な内容となった。

 現行計画では「ジェンダーフリー」という用語を利用して男女の性差や男らしさ、女らしさを否定する動きについて、「国民が求める男女共同参画社会とは異なる」と指摘。発達段階を踏まえない行き過ぎた性教育についても自制を求めているが、中間整理案ではこれらの表現は削除された。

 福島氏は2月、あらゆる施策でジェンダー平等の視点を取り入れるよう求める「基本的考え方」を公表しており、中間整理案も「福島氏の考え方を全部反映した」(内閣府幹部)という。

 中間整理案は「政策決定過程への女性参画拡大が十分に進まなかった」と、これまでの政府の取り組みを批判。「政党や民間企業などへの行政の働きかけが自制的だった」ことなどを理由に挙げて、実効性ある施策の導入を求めた。

 具体的には、男女間格差を改善する「ポジティブ・アクション」を進める上でクオータ制の導入検討を明記。男女共同参画への積極的な取り組みを公共事業受託の条件とする法整備や、税制優遇措置の検討も初めて盛り込んだ。

 政府内で法案提出が検討されている選択的夫婦別姓については「女子差別撤廃委員会の最終見解も踏まえ、民法改正が必要である」と強調した。

 同会議では公聴会を経て、6月をめどに鳩山由紀夫首相に答申する。政府は年内に次期計画を策定する方針だ。ただ、夫婦別姓の導入には亀井静香郵政改革・金融相が強く反対しており、政府内の調整は難航しそうだ。

【関連記事】
私生活も“カツマー” 努力主義…幸せ?
夫婦別姓制度に突進する鳩山政権 与党内には強い異論も…
出産後も仕事にやりがいを
足踏みする「男女参画」 働き続ける難しさ
20代の63%「子供いらない」 内閣府世論調査

<トキ襲撃>犯人?…順化ケージ侵入のテン、映像公開 佐渡(毎日新聞)
東京でアパート火災、1人死亡1人重体(読売新聞)
<普天間移設>徳之島で反対集会 1万5000人が参加(毎日新聞)
引きこもりの容疑者、口論絶えず…5人殺傷(読売新聞)
<雑記帳>三浦春馬と青森をPR CMヒロインを募集(毎日新聞)
posted by モウリ フミオ at 11:16| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月21日

<東大寺>5年がかりで描いたふすま絵を奉納 鎌倉の画家(毎日新聞)

 奈良市の東大寺で20日、日本画家の小泉淳作さん(85)=神奈川県鎌倉市=が約5年かけて描いた本坊のふすま絵を奉納した。奉納式は大仏殿であり、本尊の盧舎那仏坐像(るしゃなぶつざぞう)(大仏)の前で、桜を描いた色鮮やかな作品(縦197センチ、横384センチ)が披露された。

 同寺の故清水公照・元別当と親交があったことから、06年に聖武天皇と光明皇后の肖像画を奉納。その直後からふすま絵のなかった本坊への奉納作品に取り組み、鳳凰(ほうおう)やハスの花、吉野の桜など、寺や華厳経にゆかりのあるモチーフを40面に描いた。

 絵はふすまにされ、9月以降に全国の高島屋(東京、横浜、京都、大阪の各店)で巡回展示後、来春以降に寺に納められる。【花澤茂人】

【関連ニュース】
東大寺:東塔復興に向け近く発掘調査
東大寺:法華堂の須弥壇、創建以来初の本格修理へ
東大寺:春の夜焦がす「おたいまつ」 二月堂のお水取り
<ニュースがわかる>よみがえる奈良の都
<写真特集>日本の世界遺産

愛知3遺体遺棄 逮捕の3容疑者「被害者宅で殺害」と供述(毎日新聞)
<名誉棄損>報道発表被害 原告の訴え一部認める…松山地裁(毎日新聞)
虐待 老人施設職員が入所者の裸撮影など 宇都宮(毎日新聞)
<新幹線>八戸−新青森駅間で試験電車停止 電気系統故障か(毎日新聞)
問題多い民主党の公務員改革(産経新聞)
posted by モウリ フミオ at 01:38| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月17日

核不拡散で貢献策表明へ=鳩山首相、米国に到着−核安保サミット(時事通信)

 【ワシントン時事】鳩山由紀夫首相は12日午前(日本時間13日未明)、政府専用機でワシントンに到着した。首相は、当地で12、13両日に開かれる核安全保障サミットに出席し、核不拡散に向けた日本の貢献策を表明する。また、オバマ米大統領とも意見交換の場を持ち、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)移設問題について、5月中の決着を目指して検討作業を続ける方針を伝える。
 首相はサミットで、唯一の被爆国として、オバマ大統領が目指す「核なき世界」の実現に向け、緊密に連携していく方針を強調。核施設防護の専門家育成の国際拠点を茨城県東海村につくるなどとした構想について説明する。 

【関連ニュース】
政府・民主党、支持率続落に広がる危機感=首相「踏ん張りどころ」
核安保サミット開幕へ=米大統領主宰で最大級
「県外への機能移転」検討=北マリアナ諸島は否定的
普天間で米大統領に協力要請へ=鳩山首相、核サミットへ出発

少女わいせつ容疑の2等陸曹、宿舎に銃剣(読売新聞)
啓発セミナー参加の男性死亡=賠償請求、遺族が提訴−大阪地裁(時事通信)
鳩山首相、内閣支持率低迷も「改革の方向、絶対間違っていない」(産経新聞)
口座指定し現金要求=元常務理事「ちゃんとやる」−家具厚生年金基金汚職・警視庁(時事通信)
<火災>民家全焼 女性1人死亡 岐阜・各務原(毎日新聞)
posted by モウリ フミオ at 02:25| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。